テープ起こしプロが選ぶ バックアップ(アプリ)

ランキングテープ起こし(バックアップ)



テープ起こし(Dropbox)
 
ある日突然、パソコンが立ち上がらなくなったり、天災・災害等で消失したりしたときのために、テープ起こし原稿のバックアップは万全ですか。

テープ起こし作業中にワード(Word)エラーが起こって、数時間分のデータがパーになったことはありませんか。

実際、納品直前になってワードファイルが突然消えてしまって、最初から全部打ち直してくださったヘルプスタッフの方がいます。

そういうときの備えに、いいものを見つけました。Dropboxというアプリです。

「Dropbox」をインストールすると、Dropboxアイコンが常駐します。そのアイコンに作業中ファイルを保存しておくと、ファイルが消えてしまったり、誤って上書きしてしまっても、復元することができます。

Dropboxアイコンに保存すると、PCの「My Dropbox」と、クラウド上の「Dropbox」に同期保存してくれます。すなわち、Dropboxが自動的にバックアップをとってくれるわけです。

数台のパソコンで使用する場合は、オンラインになったときに同期が始まるので、同時にほかのパソコンの電源を入れる必要はありません。

外出中にもアクセスできるので、出張や外出の多い方にも重宝。フロッピー、USBメモリ、CD、DVDなどの外部記憶媒体を持ち運ぶ必要がありません。なくしたら大変ですものね。

復元用に上書き前のファイルも保存していくので、その分、クラウド上のDropbox容量が必要となりますが、ファイル破損・消失、上書き失敗のためや、頻繁に更新するファイルのみに使用するだけなら、フリープランの2GBで十分。ちなみに、有料に50GB、100GBプランがあります。

気になるセキュリティーですが、データ転送はSSLで行われ、サーバ上ではAESで暗号化されていて、サーバストレージとしてはAmazon S3を使っているとのことです。

Windows、Mac、Linux、iPhoneと幅広く対応するオンラインストレージ。

「Dropbox」のダウンロードはこちら


テープ起こし「テープのリライトKouBou」 テープ起こし(音声起こし) テープ起こし問い合わせ

リンクサイト
日本語テープ起こし 英語テープ起こし 翻訳 裁判・法廷反訳 テープ起こしプロたち ICレコーダーのテープ起こし 神戸テープ起こし テープ起こしソフト・コツ テープ起こしはここが人気 用語200サイト テープ起こし好き