勉強中
                                   Part3(SOHOコーナー)





SOHOビジネス健全化計画



ットからの仕事の依頼は
顔が見えないだけに
不安なもの。


知らぬ人でも、信じて報われる、
ってやっぱり、
いいね♪彡
  
・♪




しかし、
日経新聞記事に出ていました。
在宅ワーカーやSOHO関連事業者が
未払いの被害に遭っています。

──────────────

◆添付ファイルによる納品は、
証拠が残りません。
入金されなくても対抗手段がありません

──────────────

SOHO健全化計画、
一考の価値はありそうですね。



jjjjj証拠を残す方法?


そこで、考えました。

仕事をした証拠を残す方法。





 
jjjjjjその1.業務依頼書


 


そう・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄


リライトすることが決まった時に、
右の業務依頼書を
添付ファイルで送る。

プリントアウトして
必要事項を直筆で書き入れ
押印していただいたこの依頼書を、
テープに添付して送付してもらう。

サインと押印で、
書類として仕事を依頼された証拠が
残ります。


・∴.・..★


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



        ♪彡
   ・♪

さらに・・・


jjjjjjその2.下請法
 

未払い、支払遅延の不安を取り除く法律の1つに「下請法」というのがあります。

「下請法」とは、下請取引の公正化を図り、下請事業者の利益を保護するために公正取引委員会が運用している「下請代金支払遅延等防止法」のことです。

たった1回きりのテープ起こしの発注でも、この法律は適用されます。資本金1000万円以上の規模の企業は下請事業者名簿を作成していて、公正取引委員会は、親事業者から提出されたその下請事業者名簿から無作為抽出して、本調査の協力依頼文書を下請事業者に発送しています。

この法律に違反した企業に対する勧告は、公正取引委員会のHPの「下請法違反事件報道発表資料」で、社名も違反内容も公表されます。

下請法のポイントは11項目あります。テープ起こしに該当するのは、最後の11を除く10項目。

   1.発注書面の交付
   2.下請代金の支払制度
   3.下請代金の額の決定方法
   4.下請代金の減額
   5.発注内容の変更・やり直し
   6.経済上の利益提供要請
   7.物の購入要請・サービスの利用要請
   8.受領(納入物の受取り)拒否
   9.返品
   10.有償で支給した原材料の決済時期
   11.金型

この法律によれば、親会社がテープ起こしを発注する際は支払期日や代金等を文書で明記しなければなりません。そして、納品してから60日以上たっても支払いがない場合は下請法に違反しています。「事務処理が遅れた」というのは理由になりません。文書で「送金手数料をお客様負担」としていたのに実際には差し引かれている場合も下請法違反になります。

支払遅延等で困っているテープ起こし個人事業主やSOHOがおられたら、公正取引委員会(TEL:03-3581-3377)に相談してみてはいかがでしょうか。

公正取引委員会の下請法に関するURLはこちら





hhhhhhh徹夜してがんばったのに、もしも入金されなかったら?
こんな不安を取り除く方程式・・・
.☆ ・.・・゜
SOHOビジネス
健全化計画!
・∴.・..★
hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh

Take off!!
jjjjjjjjjjjjj




ホーム  ●業務フロー  ●料金表 ●お客様のコメント ●原稿タイプ ●録音についてのお願い ●作業環境  ●プロフィル ●実績細目 ●翻訳 ●テープ起こしの厳選スタッフ  ●ICレコーダーのテープ起こし。Q&A  ●テープおこしは今。音声起こし  ●セキュリティー&ウイルス対応  ●テープ起こしソフト  ●SOHO健全化計画  ●調べまくろう、辞書・用語集  ●ビジネスに役立つ検索サイト ●特別商取引に関する法律に基づく表記 ●サイトマップ

リンクテープ起こしPsネット 英語テープ起こし 携帯テープ起こし テープ起こし必須知識(ブログ) テープ起こしはここが人気らしい 裁判テープ起こし(法廷反訳) 神戸テープ起こし テープ起こし好き テープ起こしソフト・コツ
  

テープ起こし問い合わせ
メール