プロフィル






職 歴


大学卒業後、

市長秘書、国立大学医学部遺伝学部門教授秘書、
シンクタンク研究員アシスタント、TVディレクターアシスタント、
不動産鑑定書入力、塾の英語教材入力、
司法書士の書類代行業務など。





フーテンのトラ族



転勤族でした。
お付き合いを継続させたい。もっと多くのテープとも出合いたい。そんな思いから2000年10月にネットデビュー。
全国から多数のご依頼とリピートをいただけるようになりました。

情報は漏れないのか、期待どおりの仕事をしてくれるのか、
そういった不安を抱えながらも
ご依頼くださる方を、
決して失望させることのないようにと、心しています。

転勤族でしたから方言にも強いかも? (奈良、福岡、宮崎、姫路、愛知県一宮市、東京都世田谷区、三重県津市、兵庫県神戸市)



テープ起こし歴

  • テープ起こし歴20年
  • 政治・経済系TVディレクター専属テープ起こし歴2年
  • 代議士事務所専属テープ起こし歴
  • ニューヨーク州コーネル大学院客員研究員口述筆記による書籍原稿


    テープ起こしを始めたきっかけは知人の依頼から。
    資格を持っていたわけではありません。
    秘書の資格も、パソコンの資格も持ってはいませんでしたが、
    仕事をしてきました。

    資格を取得することよりも、
    実績を重ねるほうが力がつくと思ったからです。

    毎日欠かさず、30分間NHK報道番組を3時間で納品。
    そういうハードなテープ起こしを、
    ボランティアで引き受けていたこともありました。

    難聴・中途失聴者の方への要約ボランティアもしました。
    その後、テープ起こし通信教育を修了してスキルアップ。
テープ起こし
実  績



  • 国際シンポジウム
  • 国際conference (カンファレンス/コンファレンス)
  • 国際見本市
  • 国内外フォーラム
  • サミット
  • 海外貿易会議
  • テレビ会議
  • パネルディスカッション
  • ディベート
  • タスクフォース
  • 各種総会・大会・分科会・報告会・説明会・審議会・協議会・検討会・準備委員会・企画会議
  • 委員会
  • ワークショップ(WG/部会)
  • 株式総会
  • 企業説明会
  • プレゼンテーション
  • 講義
  • 会話実験
  • 面接
  • 電話
  • 裁判反訳補助
  • セミナー
  • 電話会議(外国企業)
  • MBAレクチャー
  • 調査・研究
  • 監督コメンタリー
  • 米国現地取材
  • インタビュー
  • 対談
  • 鼎談
  • 座談会
  • 会議
  • CM作成取材
  • TV番組・イベント企画ミーティング
  • ヒアリングリサーチ
  • 意識調査
  • 映画吹き替え
  • 口述筆記
  • 証言集
  • 週刊新聞
  • メルマガ・Webコンテンツ執筆
  • 学術研究論文データベース(DB化)
  • 証人尋問、裁判証拠反訳参考資料
  • 議事録
  • 対談本
  • プロシーディング
  • 報告書
  • シンポジウム記録
  • 企業決算報告会録 / 企業業績報告会 
  • 社内報
  • 会議録
                             ほか多数
       「ジャンル項目及び細目」の実績は  をごらんください。



  原稿がそのまま単行本になって市販されているものもあります。


 
 個人、民間に限らず、政府関係機関、国連関係機関、法人、官公庁、
  自治体
からも直接
お仕事をいただいております。


  未知なる世界への知的好奇心が強いということで、
  特に
ジャンルは問いません




文章修行


3年サイクルの転勤をするたびに仕事探しをしました。
女性に求められるのは単純な仕事。
日常英会話、パソコンができるくらいでは、
そんな仕事しか得られません。

文章力をつけて知的な仕事に携われるようになりたい。
そう思って朝日新聞系の文章講座を受講しました。 
最後の提出課題で添削者は書いてくださいました。

「もう終わりですか。ファンのノリでしたから寂しくなります。
 これからは、どんどん、新聞、雑誌などに投稿してください」

その一言がうれしくて投稿を始めました。
投稿文が、本、新聞、雑誌に次々と掲載されていきます。
読んでくださった方からの反応があったりして、
うれしいものでした。

BGMと映像入りで、
NHKアナウンサーの黒田あゆみ(現・渡邊あゆみ)さんに
投稿文を読み上げていただいたときは感激でした。

本の執筆にチャレンジしているということで、
NHKからの取材を受けたり、
投稿文に共鳴したからと、
新聞第1面のコラム欄に私のことが紹介されたり。
某市スポンサーによる女性誌の初代編集長の経験も。

(掲載紙・誌:朝日新聞(「声」「ひととき」「教育欄」)/読売新聞「ティータイム」「気流」/週刊読売/NHK「生活ほっとモーニング」「女の手紙」/毎日新聞「おんなの気持ち」/神戸新聞ひめじ便利帳/宮崎日々新聞「茶の間」/南日本新聞「南風録」/NTTふれあいトーク大賞100選/進研ゼミ./大阪ガスetc.)

文章修行は私の世界を広げてくれました。





テープ起こし、
好き!


ネットデビュー以来、テープ起こしができる幸せをかみしめています。

テープ起こしをしていると見えてきます。
テープの向こうにさまざまな人たちの真剣な営みが。
そうして……
いつしか厳かな気持ちになっていくのです。

英語のヒヤリングで、
知らない単語は聞き取れません。
日本語も同じ。
日ごろから、新聞、雑誌、本を
できるだけ多く読むようにしています。

専門用語は辞書やネットで調べたり、
図書館で資料を探したり。
大学時代に取得した図書館司書資格が
レファレンス検索に役立っています。

さらに、今までの職場から得た人的ネットワークにも、私のテープ起こしの原点である中部オフ会メンバーの方々や、「テープ起こしの厳選プロたち」にも支えられています。

テープ起こし屋をしていなかったら
知らなかったはずの知識。
知が広がる。
これがテープ起こしの一番の魅力です。




トップ(テープ起こし「テープのリライトKouBou」) ●サッとシステム  ●業務フロー  ●料金表 ●お客様の声 ●原稿タイプ ●録音 ●作業環境  ●プロフィル ●実績細目  ●テープ起こし厳選プロたち ●ICレコーダー起こし ●英語 翻訳 ●音声起こし ●セキュリティー ●テープ起こしソフト ●辞書・用語集  ●ビジネス検索  ●特別商取引に関する法律に基づく表記 ●サイトマップ 

リンク音声起こし 英語テープ起こし 携帯テープ起こし テープ起こし必須知識 テープ起こしはここが人気らしい 裁判テープ起こし(法廷反訳) 神戸|テープ起こし テープ起こし好き テープ起こしソフト・コツ テープ起こしワールド

テープ起こし問い合わせ
メール