正確なテープ起こし原稿は、良い録音状態が決め手!
  • 固定電話や携帯電話の録音は、背面にマイクが付いているイヤホンを使うと、発信側・受信側双方の声がきれいに入ります。



  • 広い会場での録音の場合は、録音機(カセットデッキ、ICレコーダー等)とアンプとをコード接続して直接録音すると反響音や雑音が入りません。
  • 1人による講演や講義などの録音は単一指向性マイクロホンが、複数人数の会議などは無指向性(=全指向性=全方向性)マイクロホンが適しています。また、モノクロ用マイク、ステレオ用マイク、ピンマイク、有線マイク、ワイヤレスマイクなど外部マイクを用途に合わせて使い分けます。複数マイクから1つのテープレコーダーに収録する場合はオーディオ・ミキサーが必要です。ただし、発言している人以外は電源をオフにしないと、雑音を集めることになりかねません。
  • 録音媒体の中でお勧めは、ICレコーダーです。モーター音やテープ走行音がなく、長時間連続録音が可能なため反転による欠落を防止できます。
  • ICレコーダーで録音した音声はネット転送ができるため、録音当日にテープ起こし作業可能。配送料0円。早い、便利、経済的です。
  • ただし、ICレコーダーは2人までの録音には適していますが、多人数の会議では聞き取りにくいものが少なくありません。マイクを話者の口に1m以内に近づけて収録ください。
  • 広い会場での講演会など、スピーカーのあるところでICレコーダーを使用する場合は、アンプからの直接コード録音が一番理想的ですが、それが不可能なときは、講演者の胸ポケットにICレコーダーを入れて、外部マイクは使用せず、内蔵マイクで収録ください。外部マイクを使うと、スピーカーからの音と話者の口からの音の両方をICレコーダーが拾うため、音の伝わる速度の違いからエコーがかかって聞き取りにくくなります。
  • Cレコーダーをポケットに入れて移動しながらの録音は、布擦れの音で声を聴き取れなくするため、避けてください。
  • インタビュー、対談、座談会など少人数の会議の場合、インタビュイーの発言途中におけるインタビュアの相づちは控えてください。相づちによる声の輻輳で、インタビュイーの発言を聴き取れなくしてしまうケースが少なくありません。静かなうなずきでお願いします。
  • 弊社がテープ起こしをしていて、その心遣いにとても感動することがあります。
    例えば、学校の取材中にチャイムが鳴ったとします。インタビュアはそこでインタアビュイーに気遣いながらもさりげなく言われます。「ちょっと休憩しましょうか」。
    あるいは、長く話されているインタビュイーにインタビュアが断りを入れられます。「本当は、逐次相づちを打ちたいところですが、私の声がICレコーダーに入ってはまずいので、首で……」。

  • 最近はDVCなどに収録されるケースも少なくありませんが、ICレコーダー等での併用収録をお勧めします。
  • 環境ノイズにも細心の注意が必要です。
  • 外部からの音を遮断するため窓やドアを閉め、エアコン、プロジェクター、通路側、チャイムなどの音が入ってくる場所近くにICレコーダーを置くことは避けます。携帯電話はマナーモードに。
  • マイク近くの人の、レジュメを繰る音、くしゃみ、私語、コーヒー茶碗を置く音などがテープ起こしの支障となることが少なくありません。そういえば、国際会議の円卓に置かれているのはペットボトルが主流ですね。
  • 窓ガラスに音が反射してエコーがかからないように、カーテンを閉めるのも効果があります。
  • ICレコーダーの下にタオルやスポンジを敷いたり、屋外では風の音が入らないようにマイクに布を巻き付けるなど、工夫します。
  • 声の聞き分けは難しいため、複数人数の会議の場合は、国会や議会などでするように、「○○さん、どうぞ」と話者を特定できるように議事進行する、あるいは発言前に必ず自分の名前を名乗ることをルールとしてください。正確で迅速なテープ起こし原稿が可能となります。
  • 音声を感知して自動録音・停止する自動音声スタート機能(オートボイス機能)を使っての録音は、音声が小さい場合にも録音停止することがあります。また音を感知するまでの出だし部分が欠落します。テープ起こし予定の録音の場合は、この機能は「OFF/切」で使用ください。(音声認識録音機能はメーカーによって呼び方が異なります。→SONY:VOR、オリンパス:VCVA、SANYO:ALC、AIWA:SLSS、その他メーカー:VOXなど)  
  • 長時間録音モード(LP)、2倍速録音、3倍速録音は音質が落ちます。録音スピードは標準モード(SP)、ハイクオリティーモード(HQ)、ウルトラHQ(UHQ:東芝)、スーパー(ステレオ)ハイクオリティーモード(SHQ:オリンパス、東芝)で収録してください。
  • 複数人数の会議の場合、話者の口から2メートル以内となるようにICレコーダーを複数台ご用意ください。
  • 録音前に電池チェックは忘れずに。