Wordだって、できるんだ! 

これは便利!
Word の最終カーソル位置保存法

  ● マクロを作成する
  1. 「Word」画面を立ち上げる。
  2. [ツール]メニューの[マクロ]→[マクロ]を選択する。
  3. [マクロの保存先]ボックスで、「全文書対象のテンプレート」を選択する。
  4. [マクロ名]ボックスにマクロの名前を入力(好きな名前で)する。
  5. [作成]をクリックして Visual Basic Editor を開く。
  6. ここに書かれている文字を消去する。
  7. 新たに
    Sub AutoOpen()
    Application.GoBack
    End Sub
    を張り付けて、閉じる(×)。
  8. Visual Basic Normalも閉じる(×)。
  9. [ツール]メニューの[マクロ]→[新しいマクロの記録]を選択する。
  10. [マクロ名]ボックスにマクロの名前(4で決めた名前)を入力する。
  11. [マクロの保存先]ボックスで、「すべての文書」となっていることを確認する。
  12. [説明]ボックスにマクロの説明(好きな文句で)を入力し、[OK] をクリックする。
  13. ■(記録終了)(左上に現れるアイコン)をクリックする。


● 書き足しているときだけではなくて、原稿チェックをしているときも、カーソル位置保存は便利です。
● 原稿が完結したら、次に開いたときに文頭が画面に現れるように、カーソル位置を文頭に持ってきてから保存するといいでしょう。


                        
リンクサイト
英語テープ起こし テープ起こしプロたち ICレコーダーのテープ起こし 携帯テープ起こし 裁判反訳 神戸テープ起こし テープ起こし好き テープ起こしソフト